長野県の空き家有効活用

概要

都内居住者より、実家である長野県内の空き家の利活用について相談があり、支援開始。

 

弊社の取組み

対象地域のリサーチを実施し、併せてご依頼者にヒアリングを実施し、地域の特色、ご依頼者の意向や利活用の方向性、予算感を確認。
遠隔地のため、現地の「地域おこし協力隊」とも連携し、現地に窓口を設置して業務遂行。
不動産やお金などに関する論点整理、空き家利活用による資金面のプランニング、個人所得の設計シミュレーションなどを対応。

 

地域おこし協力隊にご対応頂いたこと

現地の物件調査、キーマンとの関係構築、移住希望者の情報提供など。

 

今後

空き家利活用の方向性が確定し、最終的な移住希望者との賃貸借契約のみ。
賃貸借契約の締結後は賃料収入の一部を生活コストに充当し、遊休資産からの利益を活用見込。

PAGE TOP